So-net無料ブログ作成

リラックマの顔がカバーになっている蓄熱充電式エコ湯たんぽを買ってみた [家電・電気製品]

寒い冬の夜、布団の中が冷たいと足元も冷えて寝つきが悪いので、冷え性の人にはおすすめの湯たんぽを購入することにしました。

というのも、2年ほど使っていた蓄熱充電式の湯たんぽが壊れて、温まらなくなってしまったので、新しく購入と相成りました。

40代のおっさんが、リラックマなんて恥ずかしかったのですが、昨年連れ合いがこのリラックマの顔がカバーになった湯たんぽを買ったので、もし故障した時に代用が効くかなと思い、これを選びました。

リラックマカバーのついた充電蓄熱式湯たんぽ

リラックマの顔がカバーになった蓄熱充電式湯たんぽ

2年前にも思ったのですが、最近は本当に便利な商品が増えました。

湯たんぽというと、お湯を沸かさなくてはいけないので面倒だったのですが、こいつはコネクターを差し込むだけで15分~20分置いておけば温かくなってくれます。

布団の中で使用すれば、4時間ぐらいは相当温かいし、朝になってもほのかに温かさが残っているくらいです。

また、湯たんぽというとプラスチックやブリキのものが昔は主流でしたが、ゴツゴツしていて肌触りが悪かったですよね。

これは中身もソフトな素材だし、外のカバーも肌触りがよいので体に当てておくと気持ちがいいのです。

ネットで注文した湯たんぽが届いた!

蓄熱式エコ湯たんぽリラックマ

例によって、楽天とかAmazonで検索して一番お安いところで購入。
しかし、箱からしてかわいらしいww

おっさんには不釣り合いです。

お値段は、税込みで2,246円でした。

ちなみに、コリラックマという白いくまやキティちゃん、マイメロディというキャラクターがカバーになっているものもあるようです。



スポンサードリンク






蓄熱充電式湯たんぽの使い方

使い方はとっても簡単です。

カバーのチャックを開けると、中身がこんな風になってるので、

蓄熱充電式湯たんぽの中身

コードをコンセントにつないだら、プラグに充電器を差し込むだけ。

充電中の蓄熱充電式湯たんぽ

充電中は、赤いランプが点灯していて、温まったらランプが消灯します。
大体、15分~20分で温まります。

一回の充電での電気消費量の目安は、約2.2円とのこと。
エコですなぁ~。

また、この製品はスイッチで「弱」と「強」の切り替えが出来ます。

弱と強の切り替えが出来る充電プラグ

冬場は「強」で使って、冷え性がきつくて夏場でもエアコンで寒い思いをしている女性などは、オフィスで「弱」で使うのにもよさそう。

充電式湯たんぽの使用上の注意

説明書にも書いてありますが、中袋にも大きく注意書きがあります。

蓄熱充電式湯たんぽ使用上の注意

写真だと読みづらいので抜粋しますと、

・蓄熱充電は必ず水平な床の上で行う
・蓄熱プラグを本体にさした状態で使用しない
・壁などに立てかけたり、傾けたりした状態で充電しない
・布団の中や布団の上で蓄熱充電しない

と書いてあります。

プラグをさしっぱなしで使ったり、布団の中に入れて充電とかは結構やっちゃいそうなので、注意が必要だと思います。

これらを守らないと、

液が漏れたり・異常に膨らんだり・破裂したり

するそうです。

十分ご注意を。

この湯たんぽを使ってみた感想

蓄熱式充電湯たんぽを購入するのは、これが2台目なのでそれとの比較になります。

1.サイズが大きくなったので、広い範囲が温かい

前に使っていたものより、一回り大きいので腰やお腹、太ももなどに乗せた時に、広い範囲が温まって心地よいです。

大きくなったので当然ですが、前のものよりは重たいです。

2.カバーが臭くなくて良い

前に買ったものは、カバーがガソリン臭くて辟易しましたw
何度が洗濯して、干したら臭いはなくなりましたが。

このリラックマカバーはまったく臭くありません。

3.「強」と「弱」の切替が出来るのが秀逸

私はそこまで冷え性ではないので、夏場は使わないと思いますが、オフィスの冷房がきつくて震えている女性には、夏は「弱」で使うなど、この切り替えスイッチが役に立つと思います。

あとは、どのくらい故障せずに稼働してくれるかなってとこです。

3年ぐらいは使えるといいな。

充電式の湯たんぽをネットで検索する

私もそうしましたが、購入するときはAmazonとか楽天の最安値で買えるところを調べた方がいいと思います。↓↓↓






次回は冷え性で足が冷えちゃってしょうがない方におすすめの湯たんぽの使い方をご紹介したいと思います。↓↓↓

冷え性で足が冷える方におすすめの湯たんぽで温めると良い身体の部位や場所



スポンサードリンク








共通テーマ:健康
Copyright © 健康や美容に関する仕事をしている自営業者のブログ All Rights Reserved.