So-net無料ブログ作成

御殿場時之栖のイルミネーションの感想と時間や料金、駐車場混雑具合など [旅行お出かけ]

1月29日に、御殿場高原ビールのある「御殿場時之栖(ときのすみか)」に、ウインターイルミネーションを見に行きました。

今年のテーマは「妖精たちのHabataki」ということでした。

光のトンネル、それはそれは見事でしたね~。
1度は行ってみたいと思っていましたが、大満足でした。

御殿場時之栖のイルミネーション

時之栖イルミネーションの時間と料金、駐車場の混雑具合など基本情報

イルミネーションの点灯時間

日没~21:30まで(平日)
日没~22:00まで(土日祝日)

ということでした。

イルミネーションの料金

光のトンネルだけなら

なんと、無料!

です。

ただし、「ヴェルサイユの光」という噴水ショーを見るには

大人 1,000円 / 小学生 200円(幼児は無料)

が必要です。

ただ、私たちはホテル時之栖に宿泊しましたので、この噴水ショーのチケットをタダで頂くことが出来ました。

御殿場時之栖の駐車場

全部で約2,200台分の駐車場があるとのこと。
敷地が広いだけあって、駐車場も広いですね。

ただ事前に調べてみると、非常に混雑して、渋滞も半端ないという情報でしたので戦々恐々として向かいました。

しかし、当日は平日ということもあって全く混雑することもなく、敷地内の宿泊者専用駐車場にゆうゆうと停めることができました。

なんだか拍子抜けするぐらいでしたよ。

でも、週末やクリスマス・年末年始などではこうはいかないでしょうね。
こういった時期にイルミネーション見に行かれる方は注意と覚悟が必要でしょう。



スポンサードリンク






光のトンネルのご紹介と感想

前置きはこの辺にしておいて、メインの光のトンネルのご紹介に移ります。

当日は、午後4時ぐらいにホテルにチェックインしましたので、日没のイルミネーション点灯まで部屋でゴロゴロしていました。

午後5時ぐらいになると、だんだん夕闇も迫ってきて、ホテルの窓から時之栖敷地内のイルミネーションが点き始めます。

ちょうど私たちの部屋から一斉に点灯されるのが一望できたので、この瞬間もそれはそれはキレイでしたね~。

ではでは、光のトンネルの入り口から

御殿場時之栖のイルミネーション入り口

家族連れやカップルが楽しそうに入っていきます。

子供や若い女性の中には、ピョンピョンしながら歩いている方もいます。
人間って楽しいと飛び跳ねるんですね~。

幸せな光景です。

通路はこんな感じで、延々と先まで続いています。

御殿場時之栖のイルミネーション通路

500メートルぐらい続いてたんじゃないでしょうか。
先が見渡せないほど続く光のトンネルは圧巻です。

平日でしたから、人ごみにもまれるようなこともなく、快適に見て歩けました。

今年のテーマは「妖精たちのHabataki」ということですから、通路の両脇には妖精の園をイメージしたような飾り付けがされていました。

illmination fairy1

妖精をテーマにしたイルミネーション

途中、機関車の車両をモチーフにしたセットもありました。
客車の部分は、中に入って座席に座ることができます。

お子さんたち大喜びです。

機関車をモチーフにしたイルミネーション

少し離れたところにはイルミネーションツリーも

光のトンネルの途中から横に出られる通路があって、50メートルぐらい歩くと、大きなモミの木にイルミネーションが施されています。

御殿場時之栖のイルミネーションツリー

写真だとちょっとわかりづらいですが、高さは20メートルぐらいあるでしょうか。

静けさの中、しばし見入ってしまいます。

次回の記事では、圧巻の噴水とイルミネーションのショー「ヴェルサイユの光」と御殿場高原ビールとバイキングレストランをご紹介したいと思います。



スポンサードリンク








共通テーマ:旅行
Copyright © 健康や美容に関する仕事をしている自営業者のブログ All Rights Reserved.