So-net無料ブログ作成

シンガポールは喫煙可能なのか?ホテルの喫煙室や街中の灰皿 [旅行お出かけ]

シンガポールでタバコは吸えるの?喫煙所はあるの?

今回の記事では、このようなシンガポールのタバコ事情について、実際に喫煙者の私が旅行してみて体験したことを記録しておきたいと思います。

前回の記事では、主にシンガポール入国時のタバコ持ち込みや税金のことなどについて記載しましたが、今回はシンガポール国内での喫煙事情にスポットを当てたいと思います。

シンガポールでタバコは吸えるのか。喫煙所はあるのか。

事前情報ではシンガポールはタバコに非常に厳しく、歩きタバコやタバコのポイ捨てはもちろんのこと、喫煙所以外でタバコを吸うと高額の罰金を課せられる国だという認識でした。

そもそも、そんな厳しい国で喫煙所があるのかどうかも疑問でしたし、戦々恐々として入国したものです。

しかしですねぇ。。結果として・・・吸い放題でした!

まず喫煙所ですが、少し広い通りに出れば、下の写真のようなゴミ箱と灰皿が一体化したものがほぼ数百メートルおきに大量に設置されていて、屋外に出さえすればいくらでも吸うことが出来ました。

シンガポールの灰皿付ゴミ箱↓↓↓

シンガポールの街中に設置されている灰皿

ただし、ショッピングセンターや駅などの屋内では、一切喫煙所を見かけませんでした。

どうやら屋内の喫煙所設置には、かなり厳しい規制があるようです。

チャンギ国際空港の喫煙所も、すべて外気に解放された屋外に設置されていました。



スポンサードリンク






現地の地元の人たちの喫煙率も結構高いように感じましたよ。
喫煙所の周りには、常に誰かしらタバコを吸っている人がいましたしねぇ。

それに、現地の人たちは灰皿の周りで吸うというよりも、歩きたばこをしてきてポイッと灰皿に入れてる人が多かったです。

罰金取られないのか?と思いましたし、歩きタバコは喫煙者の私でも感心しませんねぇ。
灰皿に入れる時も、ちゃんと火をもみ消さないしw

吸い殻も街中に結構落ちてましたよ。

というわけで、旅行前の心配は杞憂に終わったのでした。。。

でも、喫煙所以外で吸ったり歩きタバコやポイ捨てはマナーとしてもNGですし、せっかく旅行に行って捕まって罰金なんて最悪ですから、気を付けましょうね。

シンガポールのホテル、マリーナマンダリンの喫煙室

私がシンガポールで滞在したのは「マリーナマンダリン(marina mandarin)」というホテルでした。

JTBで予約するときに、出来れば喫煙ルームをお願いしたいと申し出たところ

「確約はできませんが、頼んでおきます。現地にてガイドにご確認ください。」

とのことでしたので、喫煙室だといいなぁと思ってました。

到着してチェックイン時にガイドさんに確認すると、「喫煙ルームです。」とのこと、JTBさんありがとう。

もちろん、喫煙室なので灰皿の用意がありましたが、ベランダにも備え付けの灰皿がありました。

シンガポールのホテル「マリーナマンダリン」ベランダの灰皿↓↓↓

シンガポールのホテル、マリーナマンダリンのベランダの灰皿

このホテルはすべての部屋にベランダが付いているので、もしかしたら喫煙室が取れなくてもベランダでなら吸えるかもしれません。

もちろん他の部屋は見ることが出来ませんので、確認はしてませんが。。

シンガポールの他のホテルのことはわかりませんが、少なくともマリーナマンダリンであれば、喫煙室はあります。

そんなわけで、ヘビースモーカーの皆さん、シンガポールでもそんなに苦労することなくタバコは吸えますから、安心してくださいね。

関連記事

シンガポール入国時のタバコ持ち込み・税金の課税額と支払方法や罰金について

シンガポールの免税店やコンビニでのタバコの値段と持ち出しについて



スポンサードリンク








共通テーマ:旅行
Copyright © 健康や美容に関する仕事をしている自営業者のブログ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。