So-net無料ブログ作成

マリーナベイサンズならぬマリーナマンダリンに宿泊。シンガポールのホテル [旅行お出かけ]

シンガポールのホテルと言えば、3棟のビルの上に船が乗っかったような外観が特徴的な、マリーナベイサンズ(Marina Baysands)が有名ですね。

でもシンガポールで、フラッグシップ的なホテルなので、宿泊料金がやっぱりお高い。

そのため、同じマリーナ地区にあって、マリーナベイサンズも部屋から見えそうだったので、マリーナマンダリンシンガポール(Marina Mandarin Singapore)というホテルに泊まることにしました。

今回は、そのマリーナマンダリンの、ホテル内や客室の設備・アメニティなどのご紹介をしたいと思います。

部屋からはマリーナベイサンズを眺めることが出来ました。

ホテルにチェックインして、まず確かめたかったのは、外の景色でした。

結果はバッチリ。マリーナベイサンズがとてもよく見えます。

部屋から見た昼間のマリーナベイサンズ↓

マリーナマンダリンから見たマリーナベイサンズ

夜のマリーナベイサンズ

マリーナマンダリンから見た夜のマリーナベイサンズ

いやー、こんなによく見えるとはねぇ。テンション上がりました。

シンガポールに来た~っ!って感じがしますもの。

これは貧乏人のひがみですが、
「マリーナベイサンズに泊まってる人は、この景色みれないよね。」
と、妻と喜んでました。

でも、注意していただきたいのは、すべてのマリーナマンダリンの部屋からマリーナベイサンズが見えるわけではないということです。

実際、同じホテルに泊まった日本人の方たちは、市街地側の部屋だったため、見えなかったと言っていました。

ちょっとお気の毒。。

マリーナマンダリンのエントランス部分からご紹介

ホテルの入口は1階で、そこからエレベーターで4階に上がると、ロビーです。

マリーナマンダリンシンガポール

ホテルの真ん中は吹き抜けになっていて、高級ホテルらしい眺めです。

マリーナマンダリンの吹き抜け

そうなんです。マリーナマンダリンだって、高級ホテルなんです。

ロビーの横から、狭い階段を下りると、従業員通用口ではないかと思うような目立たない扉があって、ここからマリーナスクエアというショッピングモールや、地下街、シンガポールの地下鉄MRTの駅などへ、外へ出ることなくアクセスできます。

初日はちょっと探検気分でしたけど、慣れれば使い勝手がいいです。

マリーナマンダリンの客室はこんな感じです。

カードキーを差し込んで、お部屋の電源オンです。

マリーナマンダリンのルームキー

このカードキーは、エレベーターに乗るときも必要で、エレベーター内のスキャナーにかざさないと、エレベーターのボタンが操作できません。

外部の人間が、客室フロアに立ち入らないようにする、セキュリティ対策でしょう。

客室は2人で泊まるには、十分な広さです。南国っぽい香りがします。

マリーナマンダリンの客室

スーツケースを、1つ広げるには十分な台もテレビの横にあって、便利。

もう1つは、床に広げました。

枕が2つと、抱き枕らしきものが1つ、セットしてくれてあります。

抱き枕は、ちょっとくさい。。シーツも湿度の高い国だからか、湿っぽいです。

エアコンは、凍えるほど効かせてくれてあるので、即温度を上げちゃいました。

毎日、ミネラルウォーターを2本、サイドテーブルに用意してくれます。(無料)

ミネラルウォーターは、買うと日本と同じか、ちょっと高いぐらいなので、助かります。

マリーナマンダリンのミネラルウォーター

マリーナマンダリンのお部屋の設備をチェック

大画面テレビ。ベッドに寝転んでみても十分な大きさ。

この右側に、1段低くなった、スーツケースを広げる台があります。

マリーナマンダリンのテレビ

電話機。やむを得ない事情により、一回使いましたが、黒い方は雑音が多くて、ほぼ聞き取れず。。白い方はクリアな音声でした。

マリーナマンダリンの電話機1

マリーナマンダリンの電話機2

エアコンのコントローラー。温度調節のみできるタイプ。

マリーナマンダリンのエアコンコントローラー

除湿能力はあまりないようです。でも、冷やすパワーは抜群。あっという間にお部屋が冷えます。

あるとうれしい、アイロンとアイロン台。奥には傘も用意してくれてあります。

マリーナマンダリンのスチームアイロン

マリーナマンダリンのアイロン台と傘

使い捨てのスリッパ。

マリーナマンダリンの使い捨てスリッパ

私たちは、タバコを吸うため、喫煙室を頼んだので室内に灰皿がありましたが、ベランダに出ると、備え付けの灰皿がありました。

マリーナマンダリンのベランダの灰皿

灰皿があるということは、喫煙室でなくとも、ベランダは喫煙可能だと思います。

他の部屋は見てないから、不確かな情報ですが。。



スポンサードリンク






ホテルの冷蔵庫(mini bar)の中身をチェック!

高いのは分かっているのに、開けずにはいられない冷蔵庫。

ミネラルウォーター・炭酸水や、スポーツドリンク、オレンジジュースにアップルジュース、コーラ、ビール、レッドブルなどが入ってました。

マリーナマンダリンの冷蔵庫内1

マリーナマンダリンの冷蔵庫内2

分かっちゃいましたが、メニュー表を見るとやっぱり劇高です。

1リットルのミネラルウォーターが、9ドル!!ジュースが6ドル。

缶ビールに至っては、驚愕の14ドル!!です。

2015年7月にいったのですが、レートは1シンガポールドル=約90円でした。

だから、ビールはなんと1,260円です。信じられない。。

すべての飲み物が、現地スーパーマーケット価格の、2倍~3倍はします。ご注意を。

客室冷蔵後のメニュー

メニュー表に、ポテトチップスやチョコレートが載っていたので、どこにあるのかと思ったら、冷蔵庫の上の引き出しにありました。

もちろんこちらも、超割高です。

marina mandarin singapore nuts

マリーナマンダリンのお風呂とシャワー、トイレをチェック!

ではでは、結構重要なバスルームをチェックしましょうかね。

バスタブは結構な大きさで、浅めだけどゆったり浸かれるサイズ。

マリーナマンダリンのバスタブ

さらに、別にガラス戸付のシャワールームもあり。便利です。

ただ、このガラス戸はそ~っと閉めないと、バーン!ってなってガラスが割れそうでビビるので要注意です。

シャワーの高さ調節のネジが、死ぬほど固いです。

濡れた手じゃ到底回らないので、水気をとってから、渾身のパワーでチャレンジしましょう。

シャワーの水圧は、十分あって快適に浴びられます。

マリーナマンダリンのシャワールーム

トイレとその横にある、便座のついてない謎の便器。。

後で調べたら、これはビデといって、お尻を洗うところらしいです。

しかし、便座もなくてどうやって尻を洗うのかは不明。。

空気椅子状態で洗うのかな?

だったら、日本製のウォシュレット付けて下さ~い。

マリーナマンダリンのトイレとビデ

洗面台は2人分あるので、朝の支度も2人並んでも大丈夫。

マリーナマンダリンの洗面台

マリーナマンダリンのアメニティグッズもチェック!

左から、ボディーローション・シャンプー・ボディーソープ・コンディショナーです。

使い心地は、男性の私は全く違和感なし。南国の香りがします。

奥にあるのは、歯ブラシです。

マリーナマンダリンのアメニティグッズ1

お次は、左からコットン、シャワーキャップ、サニタリーバッグ??(なんだこれ?)、石鹸、手前のが綿棒です。

マリーナマンダリンのアメニティグッズ2

一通り揃っているので、いつも使ってるのじゃなきゃダメ!って方以外は、問題なしですね。

写真撮るの忘れたけど、ドライヤーもあるからご心配なく。

マリーナマンダリンに3泊してみた感想

細かい文句も書きましたが、総じて良いホテルでした。

従業員の方から受けた印象も、日本のホテルと変わらぬ良いサービスだったと思います。

日本語しゃべれる人は、ほとんどいないので、片言の英語でなんとか対応しましょう。

朝食付きのプランでしたので、写真はありませんが、朝はバイキング形式のレストランで食事しました。

いろいろな種類があって、おいしかったですよ。

なんちゃって日本食コーナーもありましたが、これは日本で食べるものと同等の物は期待しない方がいいです。

なので、洋食系・中華系のものや、フルーツ・デザートなどを食べた方が、おいしいです。

客層は、(私の滞在中は)欧米の方が多くて、落ち着いた雰囲気で静かでした。←ここ重要。

中華系や、韓国系の団体客が多いと、がっかりするぐらいうるさいですからねぇ。。

そんなに混んでいなかったようで、左右の客室や、上の階からのドスドス音もなくて、快適に眠れました。

夜は、23時くらいまでは、近くの商業施設内のクラブと思われるところからの、重低音音楽がちょっと気になりましたが、窓を閉めれば大丈夫でした。

新しくはないので、ちょっと古さは感じますが、逆に言えば落ち着いていて、地下鉄の駅へも、外へ出ずに歩いていけるし、観光で滞在するには及第点の良いホテルでした。



スポンサードリンク








共通テーマ:旅行
Copyright © 健康や美容に関する仕事をしている自営業者のブログ All Rights Reserved.