So-net無料ブログ作成

ガスファンヒーターがおすすめ!価格や臭い・ホース工事費・エアコンとの比較 [家電・電気製品]

冬の暖房として、ガスファンヒーターが自分としてはとてもおすすめなので、ガスファンヒーター本体の価格やホースの工事費、臭いの具合や、エアコンや石油ファンヒーターとの比較についてまとめてみました。

昨年まではエアコンによる暖房に頼っていて、いろいろ不満な点があったので、他の暖房手段を検討していました。

結果として、リンナイ(Rinnai)の都市ガス用ガスファンヒーターを導入したわけですが、そこに至った経緯と、設置した時の工事の内容と値段、設置後の使用感について、ご紹介したいと思います。

これを設置しました。↓

ガスファンヒーターは温かく臭いも少なくて乾燥しづらい

エアコン暖房は、湿度低下による乾燥と温まるのに時間がかかるのが不満だった。。

まず、設置する部屋の状況はというと、賃貸の店舗付き住宅の1階で、部屋の広さは約12畳、店舗として使用しています。

築40年ぐらいの古い建物なので、気密性は低く、コンクリート打ちっぱなしの床に、木組みでフローリングを組んであるので、冬は底冷えします。

こんな感じの部屋。ガスファンヒーターと電気ストーブ、エアコンも一緒に撮影してみました。↓↓

店舗付き住宅賃貸、エアコン・ガスファンヒーター

去年までは、暖房をエアコンと電気ストーブに頼っていましたが、いろいろと不満はありました。

まずは温まるのに時間がかかること。

エアコンは冷房より暖房が苦手なので、これはしょうがないのですが、店を開ける1時間ぐらい前から暖房を入れないと、なかなか温まりません。

室内機の設置位置は、普通壁面の上の方だから、なかなか足元や床も温まりにくいですしねぇ。。

次に、湿度が下がって空気が乾燥すること。

電気を使った暖房器具は、部屋の空気から水分を奪うので、乾燥が辛いです。

湿度計の値では、だいたい30%台後半から40%台前半と、喉がカラカラになって、痛くなってしまうこともありました。

まあこのような不満があって、暖房能力が高く、乾燥しにくい、石油ファンヒーターか、ガスファンヒーターの導入を検討し始めたわけです。

ガスファンヒーターと石油ファンヒーターを比較検討してみた。

まずこのような場合に、第1の選択肢に挙がるのが、灯油を使った石油ファンヒーターでしょう。

燃料を「燃やす」ことによって温める暖房器具は、温まるのも早いですし、燃焼によって水分が発生するので、室内の湿度を保つこともできます。

ついでに、石油ファンヒーターなら、どこでも売ってますし、値段もお手頃。

ガス配管工事もいらないし、お手軽感は抜群です。

しかしですねぇ、私のようなものぐさな人間にとっては、決定的な欠点があります。

それは、、、「灯油を補給せねばならん!」ということです。

そう、タンクが空になったら、灯油を入れなきゃ暖房出来んのです。

寒い屋外か、玄関先でポンプでシュポシュポ補充しないといかんし、いちいちガソリンスタンドなどへ、灯油を買いに行かないといけません。

ああ~、寒いしめんどくさww

仕事中に、急に補充も出来ませんしね。

あと、灯油の臭いもきらいです。

点火と消火の時の臭いで、気持ち悪くなったり頭痛くなったりしてしまう。。

で、そんな私を助ける救世主が、ガスファンヒーター様!なのです。

ガス配管直結なので、燃料補給いらず!いいね!

点火消火のときも、一瞬ガス臭いだけでほとんど臭わず!いいね!

すぐにポカポカの温かい温風が出るし、乾燥もしない!いいね!

うちは都市ガスだからプロパンよりはガス代安いだろう。いいね!

私にとっては、良い条件が整っています。

でも、問題点もいくつかあります。

ガス配管およびガスコンセントが無ければ設置できず、工事が必要ということです。

工事費がかかるので、初期導入費用は高くつきます。でも、便利さを考えたら多少の出費はしょうがない。ケチな私もここは我慢しましょう。

また、賃貸住宅の場合、穴を開けたりしないといけないので、大家さん・貸主の許可が必要です。

私の借りている店舗付き住宅は、古いこともあってかそういった工事に対して、大家さんが寛容です。一発オッケーでした。

というわけで、導入決定!



スポンサードリンク

ガスファンヒーターの価格とガス配管ホースの工事費、工事にかかる時間

うちに都市ガスを供給してくれてるのは、中部ガスさんなので、早速連絡して見積もり出してもらいました。

結果、ガスファンヒーター本体が、19,000円。

ガス配管ホースの工事費が、23,000円。

合計して税込みにすると、45,360円。

ううぅ。。やっぱ結構お高いですね。でも、俺はもう決めたんだ!お願いします!ってことで頼んじゃいました。

ただ、工事してみたら、思ったよりホースの長さが短くて済んだとの事で、見積もりより安くしてくれました。

最終的な支払金額は、42,120円。やったね!

ガス会社さんと工事の日取りを調整して、定休日にやってもらうことにしました。

工事にかかる時間は2~3時間だったと思います。

リンナイ都市ガス用ガスファンヒーターSRC-363Eの使用感

これが今回導入したリンナイの都市ガス用ガスファンヒーターSRC-363E。

リンナイ都市ガス用ガスファンヒーターSRC-363E

タンクがないから、薄くて軽量。持ち運ぶことはないけど、場所を取らないのは〇。

ガスファンヒーターの温風吹き出し口は床面に近い

吹き出し口が、ほぼ床面と一緒なので、床と足元もポカポカ。

さすがに燃料を燃やす暖房器具は、温まるのもすごく早くてとても良い!

スイッチ押して、数秒で温風が吹き出してくれるから、寒い冬の朝も快適です。

臭いも点火時に一瞬ガスの臭いがするだけ、消火時は無臭なので、灯油を使う石油ファンヒーターに比べたら、雲泥の差。

リンナイガスファンヒーターとダイキン加湿機能付き空気清浄機

問題だった、湿度も加湿機能付き空気清浄機(うちのはダイキン製品)併用で50%台をキープできるので、快適です。

去年は、もう1個加湿器を置いても30~40%台だったので、エアコンと比べると空気の乾燥具合が全く違います。

体感でも、喉がヒリヒリしたり、痛くなるような乾燥が感じられず、いい感じ。

リンナイ都市ガス用ガスファンヒーターの操作パネル

これが操作部分。シンプルです。

設定温度の変更と、ガス消費量を抑える運転をするエコボタン。

おはよう・おやすみタイマー機能も付いてるけど、すぐに温かくなるからタイマーいらず。

室内ガスホース配管工事

室内のフレキシブルホースによるガス配管はこんな感じ。

天井の隅に沿って、設置されます。

むき出しなので、お部屋の美観は損ねますから、気になる方は気になると思います。

天井裏に入れ込むこともできると思うけど、工事費はさらにかかるでしょうねぇ。

ガスコンセントSG450B

ガス配管ホースの終端には、こういったガスコンセントがつきます。

ガスファンヒーターからのホースを、差し込み口にカチッと差し込むだけだから簡単。

右側のボタンを押すと、外すことが出来て、ガスもきっちり遮断されるとの事。

灯油を補給しなくていいなんて、最高だ!

ガスファンヒーター導入のまとめと、今後のガス料金について

さてさて、これで念願のガスファンヒーターの設置が完了したわけです。

前述したように、私にとっては使い勝手はとてもよく、大満足しています。

個々のご家庭の暖房器具の使用状況、目的などはさまざまでしょうから、今回のこの記事が、暖房器具選びの参考になればいいなと思います。

で、あとはガス料金がどれくらいかかってくるのかが、気になるところです。

今年の冬1シーズン使ってみて、ガスファンヒーター導入で上がったガス代金と、エアコンを使わないことによって下がった電気料金を計算して、昨年との比較をしてみたいと思います。

結果が出たら、また記事にしますね。

追記

冬の1シーズン、ガスファンヒーターを使ってみて、昨年度エアコンのみで暖房した時のガス代・電気代と、今年度ガスファンヒーターのみで暖房した時のガス料金・電気料金の比較ができましたので、記事にしました。下のリンクからどうぞ。↓↓

ガスファンヒーターのガス代とエアコンの電気代を比較・暖房光熱費



スポンサードリンク


共通テーマ:住宅
Copyright © 健康や美容に関する仕事をしている自営業者のブログ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。