So-net無料ブログ作成

シンガポール人気名物料理チリクラブの食べ方。一人分のコース予約料金など [旅行お出かけ]

せっかくシンガポール旅行に行くんだから、なにかおいしい名物料理を食べたい!

ってことで、有名な皆さんがおすすめしている人気店で、チリクラブを食べることにしました。

英語も不安だし、ぼったくりにあうのも嫌なので、安いコース料金のものを探して、日本から予約していくことにしました。

さいわい、ツアーを申し込んだJTBで、レストラン予約代行のオプションツアーがあったので、早速値段を調べてみました。

チリクラブセットメニューのコース料金で、一人50シンガポールドル。

旅行に行った当時(2015年7月)のレートは、1シンガポールドル=約90円だったので、二人で約9,000円ぐらい。

いろいろ調べて、安くてすごいお得ってわけじゃないけど、みなさんおすすめしてるチリクラブの人気店みたいだし、適正価格のようだったので、早速予約をお願いしました。

レッドハウスシーフード・ロバートソンキー店に予約・タクシーでの行き方

予約は、レッドハウスシーフード(RED HOUSE SEAFOOD)・ロバートソンキー(Robertson Quay)店にしました。

シンガポールのチリクラブを出す店としては、老舗らしく、味付けも日本人向けでおすすめ、とのことでしたので、ここに決めました。

シンガポール旅行中の移動に便利だったため、フル活用したMRT(地下鉄)の駅からは少し離れていたので、行くときだけはタクシーを使うことにしました。

宿泊していたホテル、マリーナマンダリン(Marina Mandarin)でタクシーを呼んでもらって、シンガポールでの初タクシー。

海外でタクシーに乗るのは初めてだったので、ちょっと怖かったけど、治安の良い街らしくタクシー内も清潔&運転手さんも、饒舌ではないけど日本語であいさつしてくれて、フレンドリーで安心。

レッドハウスシーフード・ロバートソンキー店は、川沿いにあるので、大きな通りからは少し離れています。

そのため、事前情報で、タクシーに乗ったら「ロバートソンキーのシティホテルに行ってください。」と言えば、店から近いとの事でしたので、片言英語で運転手さんにお願い。

あっさり通じて、場所もすぐにわかってくれたので、一安心。

ホテルマリーナマンダリンのある、マリーナベイエリアからは、タクシーで20分ほどでした。

タクシーの料金は、うろ覚えだけど、1800円ぐらいだったと思います。

お店に到着&夕暮れのシンガポール川沿いを散策

シティホテル前の、ロータリーみたいなとこで降ろしてもらって、お店を探しま・・・。

って、探すまでもなく、川に向かって50メートルほど歩いたら、分かりやすい看板が。

無事お店に到着~。

レッドハウスシーフード・ロバートソンキー店の外観

でも、まだ予約の1時間前だったので、シンガポール川沿いを少し散策することにしました。

川沿いには、こんな感じでずっと遊歩道が整備されています。

シンガポール川沿いの遊歩道

夕暮れだし、川沿いなので気持ちいい風が吹いていて、最高です!!

道路からも離れているので、静かだし、このシンガポール川沿い(ロバートソンキーからボートキー、クラークキーにかけて)は、私の中では、シンガポールで1番好きな場所でした。

シンガポール川の夕暮れ

川沿いには、レストランやバーがずーっと建ち並んでいて、おしゃれなナイトスポットになっているようです。

シンガポール川沿いのレストランやバー

この辺りは、本当に気持ちがいいので、夕方から夜にかけての散策をおすすめします。



スポンサードリンク






いよいよ、チリクラブのコース料理を食べます。

さてさて、時間もちょうどよくなりましたので、お店に入りましょうかねぇ。

忙しそうにしているお兄さんに、予約表を見せたら、すぐに席に案内してくれました。

お店の中はこんな感じです。

レッドハウスシーフードの店内の様子

老舗で人気店らしく、席はほとんど満席です。

予約しといてよかったです。

セットメニューの内容はこんな感じでした。

●蟹肉入りスイートコーンスープ
●むきエビのわさびマヨ和え
●切身魚のブラックペッパー風味
●ブロッコリーのオイスターソース風味
●チリクラブと揚げパン
●海鮮炒飯
●本日のデザート

ドリンクは、ビールかソフトドリンクが、コースに含まれていたので、ウーロン茶を頼みましたが、嬉しかったのは、温かいお茶もきちんと出してくれたことでした。

私はお腹が弱いので、冷たい飲み物はちょっと苦手です。

暑い国とはいえ、やっぱり温かい飲み物が欲しくなるから、助かりました。

お腹ペコペコだから、さっそくいただきましょう!

蟹肉入りスイートコーンスープ

蟹肉入りスイートコーンスープ

うーん、甘みがあってうまいです。

コーンスープ大好きだから、もう1杯欲しいぐらいです。

むきエビのわさびマヨネーズ和え

むきエビのわさびマヨネーズ和え

エビとわさびマヨネーズ、鉄板ですねぇ。

しかし、わさびって、シンガポールでも食べるんでしょうか?

最近の日本食ブームのおかげか、日本人向けのコースだからかな?

切身魚のブラックペッパー風味

切り身魚のブラックペッパー風味

ピリ辛で、食欲をそそります。

この白身魚、なんだろうな?でも、うまいからいいや。

ブロッコリーのオイスターソース風味

ブロッコリーのオイスターソース風味

とろみのあるオイスターソースが、ブロッコリーに絡んで、うまいです。

これなら、自分でもまねできないかなぁ。

海鮮炒飯

海鮮チャーハン

パラパラの長粒種のお米が、やっぱりチャーハンには最高です。

中国で食べたチャーハンより、断然うまかったです。

チリクラブと揚げパン

チリクラブと揚げパン

来ました!メインディッシュ!!

コース料理の値段が、そんなに高くなかったので、しょぼいカニが出てくるかなと思ってたけど、なかなか立派なカニで良かったです。

身もしっかり詰まっていて、食べがいがあって、まじでうまいです!

食べ方は、左上の揚げパンの横に乗ってる、カニの殻を割るハサミみたいので、バキッと割って、手でかぶりつくのが1番楽かなぁ。

フィンガーボールも用意してくれるし、手洗い場もあるので、手はベタベタになっちゃうけど、豪快に食べるのが〇な気がします。

カニの身もおいしいんですが、これにかかってるソースがまた絶品です。

ちょっと甘味のある揚げパンに、このチリソースをたっぷりつけて食べたらもう。。。

揚げパン、追加で頼めばよかったな。

本日のデザートはマンゴープリン

今日のデザート・マンゴープリン

日本で食べるマンゴープリンと遜色なく、しつこい甘さもありません。

あっさりして、うまかったです。

というわけで、出てきたコース料理は、満足の内に完食。

料理の量は、全体的にあっさりめなので、ガッツリ食べたい方は、追加でオーダーするといいでしょう。

妻も、「もうちょっと食べたいくらいだね。」と言ってました。

老舗店ということもあるし、日本のJTBで、予約・代金前払いしてあったので、支払いでもめる心配もなし、川沿いの気持ちいい立地で、シンガポールでの食事で1番満足しました。

チリクラブを食べるなら、レッドハウスシーフードはおすすめだと思います。

帰りはシンガポール川沿いをクラークキーまで散策してMRTで。

すっかり真っ暗になりましたが、グーグルマップを見ながら、川沿いを散歩しつつ、MRT(地下鉄)のクラークキー駅まで歩いて帰ることにしました。

人通りも多いし、レストランやクラブ・バーなどお店がずっと続いているので、怖い思いはしませんでした。

クラークキーの夜景

なによりその川沿いの気持ちのいいこと!

川べりには、カップルが等間隔に並んで(どこの国でも一緒ですね)、雰囲気を楽しんでいます。

私たちもマネして、しばし夜景と前を通る観光船を眺めていました。

クラークキーやボートキー、ロバートソンキーなどで夕食をしたなら、帰りにこの辺を散策してみると、鉄板だと思います。

シンガポール旅行のチリクラブ体験記はここまで~。



スポンサードリンク







Copyright © 健康や美容に関する仕事をしている自営業者のブログ All Rights Reserved.